為替 予測

為替の予測方法

昨今、外貨FXで取引をしている方も多いのですが、通貨を売買する時に、これから先為替相場がどのようになっていくのか予測することは大変重要です。上手に予測ができないなら、為替取引で利益を出すことはできません。為替取引にまつわる予測を立てるのはかなり難しいわけですが、どうにかしてそれなりの予測を立てる方法はないでしょうか。為替相場で1ドル100円を大きく割り込んで80円になればドルが安すぎる、1ドル130円になれば高すぎると感じる人が多いと思います。1ドル80円だとドル安すぎるとされるのはどうしてなのでしょうか。納得のいく答えを明確に言える人はなかなかいないと思います。為替の適正な水準に関する知識があれば、今の相場が高いのか安いのかを判断することができます。国際収支説、購買力平価説といった、為替相場決定理論を用いれば、こうした点を合理的に説明できます。基本的に、通貨の価値はその需要と供給の関係によって定まります。為替相場決定理論とは、通貨の需給に関して、経済のファンダメンタルの面から実態を把握し予測を行なうものです。経済の基礎的条件というのがファンダメンタルの意味です。具体的な中身は経済成長率、インフレ率、金利水準、国際収支、失業率といったものです。通貨は国が発行するわけですが、その経済的な力がどれほどであるかを示したものです。ファンダメンタルを総合的に検討して、為替相場を予測していくことが大変大事になってきます。

為替予測に役立つもの

為替相場で外貨を取引する場合、利益を出していくためには相場の間違いのない予測がたいへん重要になってきます。為替相場の動向は常に念頭に置き、アンテナを立てておく必要があります。予測を間違うと、損を出してしまう可能性があるためです。為替の予測の実際の場面では、どういったサービスを利用するようにすればいいのでしょうか。外貨投資をするときには、投資する通貨の国の経済情勢を調べることがとても大切です。投資する通貨に関する以外にも、世界の主要な国家についての情報も大事です。アメリカやEUなどの経済情勢は知っておきましょう。世界各国の政治動向や景気の状態、貿易収支、金融政策や為替政策などには特に注意しましょう。他にアンテナを立てておくべきなのは、アメリカの大統領選挙やイラク情勢といった、経済に影響しそうな政治の動きです。国内総生産額、民間の設備投資、雇用統計の数字などに注意すれば、為替相場のその後の値動きを予測することができます。情報の入手先はさまざまに考えられます。インターネット、テレビやラジオのニュース、新聞、雑誌などです。特に、日本経済新聞が役に立ちます。日経新聞のマーケット総合一面には東京外国為替市場の為替レートだけではなく、世界の株式市場の情報が載っています。為替市場の将来的な動きについての解説やコラムなど、為替の動きを予測する際に参考にできる記事が数多く記載されているのです。日経新聞をよく読み込んで、為替予測を立てるようにするといいでしょう。

 

サイトマップ